【高齢者・障害者特化】福祉ネイリストって通常となにが違うの?

ブログ

みなさんは、『福祉ネイル』という言葉を聞いたことがありますでしょうか。福祉のためのネイル?通常のネイルと何が違うのか、どのようなことをするのか、福祉ネイルのやりがいも含めてご説明していきたいと思います。

 

福祉ネイルとは

概要

福祉ネイルとは、主に高齢者・病気や障害を抱えている方に対して行うネイルで、一般社団法人日本保健福祉ネイリスト協会に属する福祉ネイリストたちが実施いたします。

2012年に、日本保健福祉ネイリスト協会の理事長である荒木ゆかりがご依頼を受けて、一件の老人ホームに訪問ネイルをしに行ったのが福祉ネイルの始まりでした。そして、「美容サービスを通じて感動を与えることを使命」とする福祉ネイリストを育成し、日本全国に〝癒し・元気・希望″を届けるために、2014年9月にシニアメンタルビューティー協会(SMBA)が誕生しました。

2018年7月には、岡山県吉備国際大学の佐藤三矢先生を協会顧問としてお迎えして、美容が福祉の場に当たり前に存在し、ネイルが治療的介入の意味を持つことを広めていくために、協会名を一般社団法人日本保健福祉ネイリスト協会(JHWN)に改め、2020年9月現在では全国に950名を超える福祉ネイリストたちが誕生しています。

 

対象

福祉ネイリストたちは、主に入所や通所型の介護福祉施設に訪問し、施術をします。そのため、福祉ネイルの対象となる方は、ネイルサロンに行くことが難しい高齢者や認知症の方、脳卒中で片マヒなどを呈した身体障害の方、就労支援を受けている精神障害の方、さらには乳がん後の後遺症と闘っている方や寝たきりの重度心身障害者の方など、多岐に渡ります。

 

内容

福祉ネイルでは、施設様または個人様からご依頼を受け、福祉ネイリストが訪問し、ネイルまたはネイルケア、ハンドトリートメントを行います。高齢者・障がい者の方を対象に行うネイルでは、オフ(ネイルを落とす)する際に専門的な機器やネイリストが必要となるジェルネイルではなく、マニキュアを使用したネイルを行います。マニキュアはネイルサロンでも使われる安全性の高い、また速乾性に優れたものを使用し、価格はお一人1,000~3,000円程度とメニューやネイリストによって異なります。また、ご要望に合わせて爪に絵や柄を描く〝アート″も取り入れています。

施術時間は対象者の方の負担にならないよう20分程度で仕上げます。

 

通常のネイリストとの違い

ネイリストでは、主にサロンに来てくださったお客様にマニキュアまたはジェルネイルなどを行います。爪をキレイにするための美しさや技術が重要となってくると思います。

一方福祉ネイリストでは、ご要望に合わせて施設やご自宅に訪問し、マニキュアで爪を彩っていきますが、必ずしも出来上がりの美しさだけを重要視しているのではないのです。もちろん、同じネイリストとして、美しさや技術も大切です。その中で、福祉ネイルの対象となる高齢者の方や障がい者の方の体の状態を見ながら、その方に合わせた環境設定・施術方法を工夫します。そして、認知症の方にはユマニチュードというコミュニケーション技法や回想法などの治療的介入技法を用いながらネイルを施術することによって、心の安定や施術後にも続く効果を踏まえながら実施いたします。

 

福祉ネイリストになるには

福祉ネイリストになるためには、日本保健福祉ネイリスト協会の全国36か所にある認定校にて3時間×7日間の知識・技術面の講習を受けます。その中には、福祉ネイルならではの高齢者の病気に対する知識や施術時の工夫なども含まれます。宿題や自主練習なども経て、卒業試験(実技・口述)に合格したのち、最後に実際の施設にて講師とともに実地研修を行います。これらを全てクリアした場合には、協会よりディプロマ(証明書)が発行されます。

福祉ネイリストの資格を取得した後は、協会や各卒業認定校のフォローを受けながら、各自営業や施設訪問にて福祉ネイリストとして活動していくことになります。

 

福祉ネイルのやりがいとは

福祉ネイリストはボランティアのネイルとは異なり、対象者様に料金を頂き、ネイルやハンドトリートメントを行う仕事です。全国で活動している福祉ネイリストたちはその福祉ネイルの与える効果や意味を常に感じながら、全ての方に向き合っています。

日本保健福祉ネイリスト協会では福祉ネイリストの使命を「美容を通じて感動を与えること」と掲げております。その言葉通り、福祉ネイルを提供している福祉ネイリストたちは、高齢者の方や病気や障がいを抱えながらも懸命に生活している方に対してネイルを行うことで、たくさんの笑顔とありがとうを頂戴し、心からのやりがいを感じながら活動しています。

全国で活動している福祉ネイリストの中には、定期的に施設を訪問し、施設生活の中にもネイルや会話を通して彩りを与えている方や、寝たきりの方にネイルを施術させていただくことで、人とのふれあいや会話のきっかけを作らせて頂いている方、ターミナルケアやお亡くなりになられた方に対して、最期の最期まで美容を提供し、ご本人らしく生きられるお手伝いをしている方もいます。その福祉ネイルの活動はどれも我々福祉ネイリストにとっても忘れがたく、何にも代えがたい貴重な経験です。そんな福祉ネイルの活動は、やりがいに溢れている仕事だと言えるのです。

 

福祉ネイルの挑戦

全国の福祉ネイリストたちは、福祉ネイルをより多くの方に届けられるよう、日々それぞれが思考を凝らしながら営業活動や施術を行っています。日本保健福祉ネイリスト協会としても、美容が福祉の現場に当たり前に存在するよう、多方面への啓蒙活動やネイルの効果に対しての研究を行っており、更なる発展を目指しています。

ネイルの研究に対して日本保健福祉ネイリスト協会では、協会顧問でもあります佐藤三矢先生と共同で、認知症高齢者に対しての「ネイル・カラーリング・セラピー」の研究を行っており、その他にもネイルの与える様々な効果に対する研究を福祉ネイリストたちが実施し、昨年度よりネイリスト協会としては初めての研究集会が開催されています。

今後、医療や福祉、介護の現場で福祉ネイルが与える影響をしっかりと形として示していくことで、ネイルが治療的介入の意味をもつことを確立させていくことを目指しています。

 

まとめ

まだまだ『福祉ネイル』を知らない方はたくさんいらっしゃると思います。まだ医療や福祉、介護の現場に福祉ネイルが広まっていない現状の中で、福祉ネイリストたちがその活動一本で生計を立てていくには相当な努力が必要な状況です。しかし、日本保健福祉ネイリスト協会の荒木理事長をはじめ、全国で活動をしている福祉ネイリストたちは、福祉ネイルが必ず高齢者や障がい者の方に元気や希望を与えることができるということを実際の体験を通して確信しながら、とても大きなやりがいを持って活動しています。

福祉ネイリストの中には、ネイリストとして働きながら、福祉ネイリストの仕事を両立させている人や、医療の現場で働きながら福祉ネイリストとしても活動している人、主婦や営業職など全く別業種から転職して福祉ネイリストとして働いている人など、働き方は様々です。

いろんな背景を持った福祉ネイリストたちが集まる日本保健福祉ネイリスト協会で皆、志は一つに、懸命に活動しています。そんなたくさんの可能性を秘めた福祉ネイルの未来は明るい。今後、より多くの福祉ネイリストが増えていくこと、そして、よりたくさんの方に福祉ネイルを通じて笑顔を届けられることを期待していただき、ぜひ応援いただけましたら幸いです。

髙橋 慶香(たかはし ちか)

21,664 views

おじいちゃんおばあちゃんが大好きな作業療法士×福祉ネイリスト。その他、医療福祉系を中心としたWEBライターとしても活動中。モットーは「心が動けば体も動く」。

プロフィール

関連記事一覧