協会について

理念

我々は美容サービスを通じて生活に彩りを放ち、
万人が輝きある人生を送れるようサポートすることで社会に貢献する

福祉ネイリストの使命

美容を通じて感動を与えることを使命とする

SMBAについて

2012年、高齢者に向けたネイルサービスとして、福祉ネイルの活動は始まりました。

きっかけは一件の老人ホームからの依頼でした。出張ネイルとして初めて訪問した際、全くネイルをしたことがないという利用者がほとんどでした。

しかし、訪問先施設の方々、サービスを受けた高齢者の方々より「また来月来て欲しい」とリピートを望むお声を頂きました。

リピートの理由として「爪がキレイになることで利用者が元気になって前向きさが出てきた」「ネイリストとの会話やスキンシップにより癒され心が安定につながった」ことなどが挙げられます。

ネイル出張サービスは好評を頂き、訪問先も増えてまいりました。

その中でネイリストの数が足りなくなってきたため、福祉ネイルに特化したスクールを運営することにしました。技術が先に立つのでは無く接遇に重きをおく「美容サービスを通じて感動を与えることを使命」とする福祉ネイリストを育てることによって、日本中に”癒し・元気・希望”を感じてもらい、笑顔になって頂くことを目的として2014年9月にシニアメンタルビューティー協会(SMBA)は誕生しました。

高齢者の方に対する接し方や注意点など接遇に関することや介護予防に関する知識も備えた福祉ネイリストの育成は、これからの高齢化社会にとって必要だと確信しています。

SMBAとして活動をして行く中で、就労支援作業所などに出張する機会にも恵まれました。言葉を発しにくい女性が喜びを表現してくれたり、訪問の前日から楽しみにしてくれ、心が安定していたこともありました。それは施設の方にとっても予想以上の結果で、「療法としてとりいれても良いのではないか」とまで言っていただきました。

また、障がい者の就業率の低さや低賃金な現状を知り、障がい者の方々の生活の質の向上を目指すようになりました。ネイルサービスの魅力を感じた方々が、今後福祉ネイリストとしてデビューすることも可能なようにSMBAでは障がい者の方々にも学びの場と就労の機会を持って頂きたいと思っています。

このことから、高齢者だけでなくネイルサロンに来ることが難しい全てのお客様にそれぞれの事情に合わせたネイルサービスを提供することを目指し、一般社団法人シニアチャレンジッドメンタルビューティー協会(SMBA)として名前を変え、活動して行くことに致しました。

美容が福祉の場に当たり前に存在する。そんな世の中にするために私たちは存在します。

072-488-7378

お問い合わせ・資料請求