東京初開催!第8回福祉ネイリストアワードの開催報告

お知らせ

2012年に、現在の一般社団法人日本保健福祉ネイリスト協会(以下、「当協会」という。)の代表理事である荒木ゆかりが一件の老人ホームからの依頼を受けて始まった福祉ネイルの活動。

今や2,200名を超える福祉ネイリストたちが誕生し(2024年3月末時点)、全国各地で活躍しています。我々福祉ネイリストの使命は、“美容を通じて感動を与えること”です。

そんな中で、まだほとんどネイリストが踏み入れていない福祉の場にネイルを知っていただくために、日々努力と研究を重ね、自ら活動の場を広げ、たくさんの利用者様の笑顔をつくってきた一人ひとりの福祉ネイリストたちの崇高な活動を称える場として、2016年より福祉ネイリストアワードが開催されています。

これまで、当協会の本部がある大阪府で開催されてきましたが、第8回目を迎えた今回の福祉ネイリストアワードは、2024年5月12日(日)に初めて東京都で開催されました。

また今回は、新しい企画や新設の部門も設けられ、福祉ネイリストのみならず、多くの方々に足を運んでいただきました。
そんな第8回福祉ネイリストアワードの結果と当日の様子をお伝えしていきます!

第8回福祉ネイリストアワードの開催概要

福祉ネイリスト認定講師でもある東條さん、大西さん司会のもと第8回福祉ネイリストアワードがスタート

  • 開催日時:2024年5月12日(日) 12:30~15:30
  • 会場:浜離宮朝日ホール 小ホール
  • 内容
    1.オープニングアクト
    2.各部門のファイナリストによる発表・表彰
    3.渋谷 真子氏による講演
    4.研究集会ブースや福祉施設様による販売コーナーなど

 

各部門のグランプリ決定!

荒木理事長、佐藤学術顧問と各部門の受賞者の皆様

従来のアワード大賞部門に加え、今回は新人部門・チーム部門・ベストフォト部門の3部門が新設され、それぞれエントリー者を募ることとなりました。過去最高のエントリー者数となった今回、アワード大賞部門・新人部門では、ファイナリストに選ばれた3名ずつ、そして、チーム部門にエントリーした全7チームが当日登壇し、それぞれの活動や想いを発表しました。

アワード大賞部門の結果

アワード大賞部門のファイナリストを囲んで

グランプリ 石川 理香子さん(大阪府茨木校)

準グランプリ 阿部 希巳江さん(千葉県浦安校)
         今泉 泰枝さん(愛知県名古屋栄校)

協会奨励賞 今井 智恵子さん(岡山県北房校)
        石川 由佳さん(埼玉県深谷校)
        正木 優子さん(大阪府塚本校)
        吉田 雅子さん(佐賀県みやき校)
        横手 あずささん(大阪府心斎橋校)

新人部門の結果

新人部門プレゼンの様子

優秀賞 近藤 裕華さん(大阪府心斎橋校)
     古川 綾さん(岐阜県美濃加茂校)
     矢野 恵菜さん(大阪府平野校)

協会奨励賞 猪狩 梓さん(埼玉県深谷校)
        井上 悠貴さん(岡山県北房校)
        倉原 蘭さん(佐賀県鹿島校)
        瀧澤 抄子さん(神奈川県茅ヶ崎校)
        田村 容絵さん(大阪府梅田校)
        萩原 恵さん(東京都自由が丘校)
        平尾 歩さん(福岡県小倉校)
        藤本 明子さん(佐賀県みやき校)

チーム部門の結果

チーム部門プレゼンの様子

優秀賞 青空ネイルサロンみずいろ
     営業勉強会Neo2期 A社
     Sunny
     プラスワン大阪
     福祉nail サンベリーナ
     古河市福祉ネイル サニー♡マリー
     つめケア+Smaile

佐藤三矢賞受賞者

佐藤三矢賞授与の様子

当協会の学術顧問である佐藤三矢氏が各部門1名(チーム)ずつを選出し表彰。

アワード大賞部門 阿部 希巳江さん(千葉県浦安校)
新人部門 矢野 恵菜さん(大阪府平野校)
チーム部門 営業勉強会Neo2期 A社

 

オープニングアクトではジャパンポンポン様が登場

オープニングアクトで登場されたジャパンポンポン様

第8回福祉ネイリストアワードのオープニングアクトとして、最高齢が80代というジャパンポンポン様にご登場いただきました。華やかな衣装と美しいダンスパフォーマンスで一気に会場が盛り上がりました!

 

ベストフォトが感動の映像で

福祉ネイルに関連したとっておきの瞬間、想いの詰まった大切な写真が全国から寄せられ、会場の大きなスクリーンに映像として投影されました。

各部門の発表

アワード大賞部門のプレゼンの様子

アワード大賞部門、新人部門、チーム部門それぞれが、日頃の活動の様子や想いを発表します。そして、アワード大賞部門においては、発表を聞いた来場者たちが投票をしてグランプリが決定します。

アワード大賞グランプリを受賞された石川理香子さん

今回見事グランプリに輝いた大阪府茨木校の石川 理香子さんは、看護師をされながら福祉ネイリストとしても活動をされています。コロナ禍で病院勤務をされていた際に、「福祉ネイルは病院にいる方も元気にできるはず!」と、福祉ネイリストの資格を取得されたそうです。現在は、訪問看護ステーションに勤務しながら、緩和ケア病棟に入院中の患者様に対し、福祉ネイルを提供されています。そんな活動の中で、患者様からいただいた一つ一つの言葉を発表の中で伝えられていました。

 

“車いすYouTuber”渋谷 真子氏による講演

特別ゲストの渋谷真子さん

荒木理事長との対談の様子

今回の特別ゲストとして、渋谷 真子氏をお招きして、講演及び荒木理事長との対談が行われました。仕事中の事故によって脊髄損傷となり、車いす生活となった実情から、その後も持ち前の明るさでさまざまなことに挑戦してきたこと、そんな中でも、美容室やネイルサロンなど車いすであるがゆえに選択肢が限られてしまう現実があることも。

以前実際に、パラ陸上競技大会の会場にて、福祉ネイルを体験されていた渋谷氏から、福祉ネイルの可能性や福祉ネイリストたちのエールをいただきました。

 

バラエティーに富んだロビーブース

第8回福祉ネイリストアワード限定バッチがロビーで販売されました

今回の福祉ネイリストアワードでは、会場内だけでなく、ロビーにも来場者の方が楽しめるコンテンツが準備されました。

  • 研究集会紹介ブース
  • 福祉施設様による販売コーナー
  • アワード限定オリジナルグッズ販売
  • アワード会場限定フォトブース

ロビー出店をしてくださった社会福祉法人章佑会 やすらぎリバーシティ様

ロビー出店をしてくださった社会福祉法人 新生寿会ジロール麹町 きのこカフェ様

全国各地から集まった福祉ネイリストたちや、福祉ネイルに関心を寄せてくださる方々がロビーに集まり、写真を撮ったり、研究集会について学んだり、当協会の活動に日頃よりご理解と支援をいただいている福祉施設様のさまざまな商品を手に取ったりと、アワード開始前より賑わいが見られていました。

 

アワード後には懇親会が開催

福祉ネイリストアワード後の懇親会の様子

全国各地で活動する福祉ネイリストにとって、集まる機会はとても貴重です。同じ志を持ってそれぞれの地域で活動されている福祉ネイリスト、そして、応援してくださる関係者の方々が集まり、アワードの開催や出会いを喜びました。

 

まとめ

今回、初めての東京開催となった福祉ネイリストアワード。新設の部門や新しい企画も用意され、大変多くの方にご来場いただきました。年々福祉ネイリストの数も増加していく中で、福祉ネイリストたちの働き方についても多様化してきています。

そんな中でも、「目の前の方をネイルサービスを通して笑顔にしていきたい」という共通の想いのもと、福祉ネイリストたちは更なる努力を重ねていくことでしょう。

今後、より多くの福祉ネイリストたちが誕生し、美容が医療や福祉の現場に当たり前になる世の中を目指して。これからも、福祉ネイリストの活躍にぜひご期待ください。

 

髙橋 慶香(たかはし ちか)

127,118 views

おじいちゃんおばあちゃんが大好きな作業療法士×福祉ネイリスト。その他、医療福祉系を中心としたWEBライターとしても活動中。モットーは「心が動けば体も動く」。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧